1. トップページ
  2. 書体見本
  3. 基本書体

基本書体−ゴシック・明朝など

■角ゴシック体

3つの基本書体の中でも最も使用頻度の高い書体です。縦線、横線ともに線幅が均一で、角が角張ったデザインとなります。特にお客様より書体のご指定がない場合、この角ゴシック体が多く使用されます。

欧文書体では「サンセリフ」と呼ばれるフォントが、ゴシック体に相当いたします。

基本書体:角ゴシック体

■明朝体

活版で使用されていた書体で、手書きの楷書体をより正方形に近づけた形状になっております。線幅は縦線が太く横線が細くデザインされております。ゴシック対と並び、多くの場面で使用されております。

欧文書体では「セリフ」と呼ばれるフォントが、明朝体に相当いたします。

基本書体:明朝体

■丸ゴシック体

角ゴシック体の角を丸くしたのがこの丸ゴシック体です。

適度に柔らかなイメージとなるので、さまざまな用途でご使用になります。

のぼり旗の製作例として、お弁当屋さん・スーパーなどでの特注のぼり旗のデザインに使用しました。

基本書体:丸ゴシック体

▲ページトップへ戻る

商品カテゴリ 作成ガイド ご利用ガイド